Home > 祭典・行事
祭典・行事

歳旦祭

1月1日>午前0時より
歳旦祭とは1年の始めである元旦の早朝に全国の神社で行われる年頭の祭儀です。
新しい年を寿ぎ、日本国の隆昌、国民の弥栄・地域の安泰、農作物の豊作、万の企業の繁栄、これからの1年間のご加護をご祈念いたします。
12月31日地域神社総代による甘酒の炊出し、午前零時を過ぎると昇殿し、神職のお祓を受ける事が出きます。
神社総代より御神酒のふるまいが行われます。又、一番参拝と言い、新年1番に神社に到着した方に、代表拝礼、記念品が宮司より贈られます。

正月祈祷
1月1日より4日迄、正月祈祷が行われます。正月に祈祷すると、請願成就されると昔から言い伝えられ多くのご祈祷があります。

 

節分祭(星祭り)

<2月3日>
節分とは、本来季節の変わり目である立春・立夏・立秋・立冬の前日をさします。つまり、節分は一年に四回あったわけですが、
旧暦では立春が年の始まりにあたったことから、この節目が特に重要視され、いつしか節分といえば、立春の前日をさすようになったようです。
節分には、厄難や邪気を払う行事が行われますが、代表的なものに「追儺(ついな)」「豆まき」があります
当地域では2月3日迄に厄除の神事が行われます。

 

 

水無月の大祓い・夏越祭り

<6月30日>夏越祭り
大祓式は、毎年水無月(6月)・師走(12月)の晦日(つごもり)に宮中、神宮、神社等で執り行われます。日常生活において知らず知らずのうちに犯している罪穢(つみけがれ)や不正不純なものを、神の霊力により半年ごとに祓い清め、身も心も生まれ変わった清らかな人間本来の姿に立ち返り、清く明るく正しい生活を続けようという日本の伝統的な神事です。
<「罪穢(つみけがれ)」とは己の身(身体)と気枯れ(心)のことを指します。>

6月30日、夏越祭(なごしまつり)として、午前10時より午後9時頃迄、茅の輪をくぐり無病息災を祈願します。各町より2,500人位の人が参拝します。

生け花展示

地域の敬神婦人による生け花の展示が35年も
続けられています。

 

夏祭り

<8月第一日曜日> ~ 松山港祭り花火大会の日 ~

夏祭り

17:00  神時
18:00  神楽奉納
18:00  屋台開店
21:30  花火大会終了迄     

御祭神、河野通春公命日祭 文明14年7月14日
通春公の遺徳を称えると共に、霊をお慰めする為、地域の人達で賑わう花火大会の日に合せ祭礼日を変更し、斎行しています。
湊山城神楽保存会会員小学生より高校生まで12名による舞の奉納があります。
境内では神社総代による屋台の出店があり、カキ氷・トウモロコシ等100円、200円で販売されています。また生ビール等も準備され、境内は花火見物には最高の場所だと多くの人等で埋まります。

新嘗祭・神宮大麻・暦頒布始奉告祭

 <11月23日>大麻の授与
その年の五穀の収穫を感謝するお祭りです。新嘗とはその年に収穫された新しい穀物の事を言います。新年を迎えるにあたり、ご家庭の神棚に祀るお伊勢様のお札と湊様のお札を各町神社総代様が受け取られるお祭りです。
毎年11月24日より各町神社総代様・お世話人様が各御家庭へ新年の『おふだ』をお届けいたします。年末には御家庭の神棚の『おふだ』を新年用の新しい神礼に交換いたします。