Home > 由緒・歴史・界隈
由緒・歴史・界隈

主祭神

大山積神(おおやまつみのかみ)湊三島大明神社
大綿津見神(おおわだつみのかみ)
速秋津姫神(はやあきつひめのかみ)
饒速日命(にぎはやひのみこと)
伊予皇子(いよのみこ)
越智宿弥河野通春公霊(おちのすくねこうのみちはるこうみたま)

歴史

住吉湊山に鎮座し、「御津大明神」とも称した。
聖武天皇神亀5年8月勅詔によって国司小千宿弥玉興、玉純父子が、伊予九四郷に一社宛、
大三島大明神を勧請のとき、此の湊山に勧請し、「本郷一宮」と称へた。
文治2年河野四郎通信が湊山に築城のとき、当社を山の南麓に奉遷。
文永、弘安年中蒙古襲来のとき河野通有、同通純は水田三反を献じて武運長久を祈り、
元弘3年9月河野伊予守通能は神殿を修理し、北條太夫越智親孝、同新太夫越智親経は
此の地に別亭を構え、その祖、饒速日命、伊予皇子の神霊を祭祀。
予州家、河野通春、同通篤は湊山に居城して尊崇篤く、文明14年通春没後の霊を合祀。
天正13年小早川隆景の率いる伊予平定軍の攻撃を受けて落城し廃城となった。
慶長年間、加藤左馬守嘉明は社殿を修理し、
松平隠岐守が藩主となっては御用船出入り安全海路守護神として尊崇し、社殿を修理、毎例祭には代参があった。
また、往古より住民ならびに航海を業とする者等、大綿津見命、速秋津神等を奉斎し
伊予の熟田津、成田津、秋田津の総守護神「三津大明神」と称して尊崇し、
「湊大明神」とも称え、後に「湊三嶋大明神社」と称した。

御神徳

湊三嶋大明神社は次のようなことにご利益があります。

運気上昇の神社

※人生運上昇

※学運上昇

※勝運上昇

  家内安全

  諸諸祓い

  海上安全守護

鎮座地界隈紹介

・松山三津の渡し場正面
・裏山(神社山)は湊山城址
・松山港入口に鎮座・神社前ロケーションは多くの映画ロケ地がある(「ガリレオ」等のロケ地、高浜駅舎近く)
・「東京ラブストーリー」撮影地、梅津寺駅舎・梅津寺海岸、徒歩5分
・秋山真之好古公の遺徳銅像は、神社裏、梅津寺海岸小高い丘にある
・伊予鉄道高浜線湊山駅徒歩3分

高浜駅秋山公銅像
三津の渡し城山